ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのことならなんでもガイド

達人に訊く(38)「ゴムが劣化した」10年選手のタイヤも即交換が必要です!

2018年7月30日更新

今月の達人
宮本モータース・宮本毅

達人_宮本モータース_トップ

老化防止剤が配合されても
ゴムは必ず劣化していく

前回の「タイヤの溝」に続いて、「ゴムの劣化」というチェックポイントについてお話します。

タイヤの主な素材であるゴムは、劣化(硬化、分解)しやすいという問題点をもっています。
そのために、どの製品にも劣化を遅らせる老化防止剤が配合されています。しかし、時間や使用状況などによってその効果も次第に薄れていくため、だんだんと劣化していくことはどうしても避けられません。

ゴムが劣化していけば、当然、新品時にあった性能や安全性もだんだん損なわれていきます。そして、劣化が激しく進めば、それはすなわちタイヤの寿命(タイヤの交換期)を意味することとなります。

そう、タイヤの寿命は、摩耗やパンクだけでなく、材質であるゴム自体の劣化(=性能の低下)によっても尽きるものなのです。

ゴム自体の寿命は最長10年

このゴムの劣化によるタイヤの寿命、だいたい何年ぐらいだと考えておけばいいのでしょうか?

メーカーやグレードによっても違いますし、走行による摩耗や保管環境なども影響するので一概にはいえませんが、一般的に廉価なタイヤの寿命は3~4年、比較的グレードの高いタイヤの寿命は5年ぐらいだといわれているので、そのあたりを目安とお考えください。

もちろん、あまり走行しておらず保管環境もバツグンだとしたら、どんなグレードのタイヤであれゴムの劣化は遅れるので、それ以上の寿命を保つことは十分にあり得ます。
実際、わたしも10年以上もったタイヤを目にしたことが何度かあります。モノを大切に使えば長持ちするという理が、ここでも通用するということでしょう。

ただ、どのタイヤメーカーも「10年経っていたら交換しましょう」と口をそろえて推奨しています。見た目はどうあれ、それがゴムという素材の限界点ということでしょう。ということで、皆さんがタイヤを大事にして、いい状態を保っていたとしても、「寿命は最長10年」というわけです。

ちなみに、タイヤがいつ製造されたのかについては、ホイールに近い位置に刻印されている4桁の数字でわかります。

下の写真を見てください。
アルファベット記号のあとに0418とありますが、これはタイヤが製造された週(1年のあいだの週の数を01~52で表記)と年(西暦)を表しています。つまり、前半の04が第4週目ということで、後半の18が2018年ということ。整理すると、2018年の第4週目(1月21~27日)に製造された、まだゴムの劣化が進んでいない新しいタイヤということになるのです。
これがもし、0410となっていたとすれば、それは2010年の第4週目である1月下旬に製造されたということになるので、いまから8年前の劣化がかなり進んだ古いタイヤということがわかるわけです。

タイヤ製造月web

時間、距離、環境次第で
劣化の度合いが決まる

ここで改めてタイヤのゴムが劣化する要因について見ておきましょう。
その主なものは、8つあります。

《タイヤのゴムが劣化する主な要因》
①時間の経過
②頻繁な使用(回数、走行距離など)
③空気圧不足の状態で走る
④屋外など紫外線が多い場所で保管
⑤発電機やバッテリーのそばで保管
⑥長期間の放置(駐車したままにしておく)
⑦つや出し剤の使用
⑧過度な洗浄

要するに、多くの時間が経過したタイヤ、たくさん走行したタイヤ、よくない保管をしたタイヤ、化学物質を塗布したタイヤは、ゴムの劣化がひどくなるということです。
いうまでもないことですが、それぞれの要因が重なり合えば、劣化のスピードはさらに速まっていきます。

タイヤを長持ちさせたいなら、カーライフにおいてこれらの要因をなるべく避けるよう心がけることが肝要なのです。

大きく深いヒビ割れは
バーストの危険サイン

最後に、皆さん自身が愛車のタイヤのゴムの劣化具合ならびに寿命を判断するためにはどうすればいいか、についてです。

もっともわかりやすいのは、「サイド部分や溝のなかにヒビ割れがあるかないかをみる」という方法です。ヒビは、ゴムの劣化を示す象徴的な現象といえるからです。

小さく浅いヒビであれば、まだ多少は走行できるにしても、そろそろ寿命が近いと考えるべきでしょう。
大きく深いヒビだとすると、それはもう寿命と判断すべきです。乗り心地が悪くなるだけでなく高速走行中にバーストする危険性もあるので、早急にタイヤ交換をする必要があります。

まあ、大きく深いヒビがあるのを見たならば、ほとんどの人は「これはいけない」と思うでしょう。
私が心配するのは、タイヤに大きく深いヒビが入っているにもかかわらず、タイヤに目が行かず、タイヤが発している危険サインに気付かないことです。

タイヤのサイドにできたヒビ

タイヤのサイドにできたヒビ



タイヤの溝にできたヒビ

タイヤの溝にできたヒビ



とにかく、皆さん、愛車のタイヤに目を向けましょう!タイヤを気にしましょう!

そして、ヒビ割れがあるのを見つけたとき、そのヒビがまだ軽度なものなのか、深刻なものなのかがわからないときは、われわれロータス店をはじめとした信頼できる整備工場に相談してください。

タイヤ愛こそ、皆さんのカーライフを安全・快適に保つものであることを、どうぞお忘れなく!

お店紹介

宮本モータース:宮本武夫氏(宮本毅氏の祖父)が、1937年に新潟県魚沼市で創業した歴史あるロータス店。自動車の普及とともに発展し、二代目の宮本実氏(叔父)、三代目の宮本好治氏(父)に続き、現在は四代目の宮本毅氏が経営を担っている。社是は「私たちの仕事は、あなたさまの安心、快適なカーライフをお手伝いすることです」。地域密着を基本としながら、お客さまのカーライフ充実に向けた活動に積極的に取り組んでいる。

看板web

ショールームweb

住所:新潟県魚沼市堀之内103番地
電話:025-794-2508
HP:http://miyamoto-motors.jp

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 達人に訊く(33)スマートカーの点検・整備もロータス店で!〔後編〕

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(33)スマートカーの点検・整…

    今月の達人こちや自動車工業・東風谷謙二前編では、コンピュータ化されたクルマの整備はまずスキャンツールありきだと申し上げました。では、お客さまから見て、付き…

    2017.12.26更新

  • 達人に訊く(52)なんと、世界初のEVレスキュー車『助っ人EV』を共同開発しちゃいました!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(52)なんと、世界初のEVレ…

    今月の達人品田商会・品田庄一私が社長を務める有限会社品田商会(ロータスシナダ)は、前回触れた2009年の経済産業省の『EV・PHVタウン構想』の新潟県の施策…

    2019.04.23更新

  • 達人に訊く(6)渋滞時のATセレクトレバーは、[2]か[L]がベストです!(前編)

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(6)渋滞時のATセレクトレバ…

    今月の達人ユサワ自動車・湯澤孝典こんにちは、栃木県にあるロータス店『ユサワ自動車』の湯澤孝典です。今回から5回にわたって、わたしなりの「ゆたかなカーライフの…

    2016.05.13更新

  • 達人に訊く(36)タイヤの空気圧チェックは月に1回が理想です!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(36)タイヤの空気圧チェック…

    今月の達人宮本モータース・宮本毅ご存知ですか?せっかく“ちゃんとしたタイヤ”を履いていても、日頃の空気圧チェック&エア充填を怠ると、効果はないし、逆にマイナ…

    2018.06.12更新

  • 達人に訊く(29)HVのアクセル、発進時にはしっかり踏みましょう!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(29)HVのアクセル、発進時…

    今月の達人こちや自動車工業・東風谷謙二こんにちは、福島県白河市にあるロータス店『こちや自動車工業』の東風谷謙二です。軽自動車から大型トラック、エンジン車から…

    2017.10.10更新

  • 達人に訊く(55)『次世代自動車取扱認定店』には“環境に取り組むココロ”がしっかりあります!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(55)『次世代自動車取扱認定…

    今月の達人品田商会・品田庄一今回は、前回お話ししたロータスクラブの『次世代自動車取扱認定店』について、私たち品田商会(ロータスシナダ)での実例をご紹介すると…

    2019.06.11更新

< 前のページへ戻る