ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

次世代エコカー勉強会〈8時限目〉自動運転の「ただいまのところ」③ほぼ自動で車間距離を保つACC

2021年3月18日更新



高速道路で気をつかうことの一つとして、前をいくクルマとの車間距離を保ちながら走ることがある。自動運転技術の一角を担うACCは、それをほぼ自動でできるようにしてくれる!

前走車にあわせて速度を制御

かつて、クルーズコントロール(CC=Cruise Control)という機能をつけたクルマがあった。それはアクセルを踏まなくても一定速度で走行できるというもので、ある意味、自動で走ってくれる感があることからオートクルーズとも呼ばれた。

きっとその影響もあるのだろう、このクルーズコントロールから進化した機能であるACCを、みんなオート・クルーズコントロール(Auto Cruise Control)の略だと勘違いしている節がある。

でも、そうじゃない。正しくはアダプティブ・クルーズコントロール(Adapitive Cruise Control)の略である。Aは適応(順応)できるという形容詞のアダプティブであって、けっしてオートではないのである。

では、そのACCはなにに適応するのかというと、前走するクルマの速度に適応する。メーカーごとのACCで適応度の違いはあるものの、基本的には前のクルマとの車間を一定に保つことを使命としながら、前のクルマが速く走ればそれに追従し、スピードを落とせばそれに合わせて速度を緩めてくれるのである(前にクルマがいないときは、事前に設定した最高速度で走る)。みらい_ACC

現状では高速道路や自動車専用道路での使用が前提となっているのだが、そのメリットはなかなかに大きい。ドライバーはよほどのことがない限りアクセルとブレーキの操作をしないで運転しつづけられるので、長距離でも疲れない(ハンドル操作は必要)。また、人間のムダの多いアクセルとブレーキの操作が入らないので、燃費がすこぶるよくなる。さらに、車速設定が0㎞/hに対応しているACCの場合は、高速道路での渋滞で停止しているクルマにも適応するので、うっかり追突することがない……。

とにかく、ACCは自動運転の技術の一角を担う大した機能ということなのである。ついついオート・クルーズコントロールと呼びたくなってしまう気持ちもわからないでもない。

検知方法はセンサーから電波に移行!?

ACCの仕組みは、ざっくりいうと以下のようになる。

「巡航するCC(クルーズコントロール)の機能に、前車との車間距離をセンサーで感知しながらコンピュータによって自動でスピード制御を行う機能をつけたのがACC(アダプティブ・クルーズコントロール)」

そう、自動ブレーキの回で紹介したセンサーがここでも活躍しているのだ。そのセンサーの種類は、自動ブレーキと同様、ミリ波レーダーとステレオカメラ(デュアルカメラ)が主流になっているのだが、ACCの場合は、どちらかというとミリ波レーダーのほうが優勢となっている。理由は、ミリ波レーダーには「遠距離の障害物が検知できる」「高速域でも信頼性が高い」「悪天候や夜間に強い」といった特長があり、高速道路上での長い車間距離の検知に有利に働くからである。なお、高級車のなかにはこのミリ波レーダーと人間や自転車も見分けられる特長をもつステレオカメラの両方を採用し、一般車道での使用も可能にしようとチェレンジしているものもある。

今後、このACCはさらに進化すると見られている。実際、CACC(コーペラティブ・アダプティブ・クルーズコントロール=Cooperative Adapitive Cruise Contro)という新たなものが実用化に向けて開発が進められている。これは前を走るクルマと電波で通信しあいながら、ともに車間距離を保ちあうというもので、ACCよりもきめが細かくスピーディな制御を実現するらしい。うーん、クールだ!

ということで締めの一言。いずれCACCが出現したときに、けっしてクールなオート・クルーズコントロールなどと誤読しないように気をつけよう。

※参考文献:『自動運転』(日経BP社発行)/『選ぼう使おうACC』(JAFの特設サイト)ほか

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 後編】「新しいEVがイマイチだったら、あと10年はi-MiEVに乗り続けます(  笑)」(金倉弘樹さん) 

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    約10年、27万㎞以上の道をi-MiEVとともに走ってきた金倉弘樹さん。そのi-MiEVライフの中で感じた、i-MiEVのいいところ、悪いところとは。そして、こ…

    2019.12.19更新

  • BookReview⑬『2019年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)‐「愛」をもって未来のクルマを語ろう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑬『2019年版 間…

    クールな経済分析だけではクルマの本質はわからない電気自動車(EV)や自動運転車といった未来のクルマの存在感が大きくなるにつれて、多くのメディアが今後のクルマ…

    2019.01.29更新

  • 2022全日本EVグランプリシリーズ第3戦レポート②―赤か緑か。米国製モデル3同士が熾烈なトップ争いを展開!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022全日本EVグランプリシリーズ第3…

    2022全日本EVグランプリシリーズ(AllJAPANEV-GPSERIES)第3戦。袖ケ浦フォレスト・レースウェイの1周2.436㎞を23周にわたって戦…

    2022.07.21更新

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 前編】「27万7000㎞を乗り続けるほどに惚れ込んでいる一台です」(金倉弘樹さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    i-MiEV発表10周年を記念した三連続インタビューの最後を飾るのは、一般向け発売が始まってすぐに購入し、今も乗り続けているユーザーの金倉弘樹さん。いいところだ…

    2019.12.19更新

  • 次世代エコカー勉強会〈13時限目〉国土交通省が『自動運転車の安全技術ガイドライン』を策定 – 日本は世界最高峰の安全性を誇る自動運転車を登場させる!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈13時限目〉国土交…

    レベル3~4の自動運転車に10の安全要件を求める国土交通省は、2018年9月12日に『自動運転車の安全技術ガイドライン』を公開した。これは、「自動運転シス…

    2018.10.09更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(4) スズキは現実路線のなかでEV開発を進める!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(4)…

    第45回東京モーターショー2017のルポ第四弾では、ロータスクラブの提携企業であるスズキのEVコンセプトカーについて見ていきたい。いきなりEVのコンパクトS…

    2017.11.09更新

< 前のページへ戻る