ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

次世代エコカー勉強会〈8時限目〉自動運転の「ただいまのところ」③ほぼ自動で車間距離を保つACC

2021年3月18日更新



高速道路で気をつかうことの一つとして、前をいくクルマとの車間距離を保ちながら走ることがある。自動運転技術の一角を担うACCは、それをほぼ自動でできるようにしてくれる!

前走車にあわせて速度を制御

かつて、クルーズコントロール(CC=Cruise Control)という機能をつけたクルマがあった。それはアクセルを踏まなくても一定速度で走行できるというもので、ある意味、自動で走ってくれる感があることからオートクルーズとも呼ばれた。

きっとその影響もあるのだろう、このクルーズコントロールから進化した機能であるACCを、みんなオート・クルーズコントロール(Auto Cruise Control)の略だと勘違いしている節がある。

でも、そうじゃない。正しくはアダプティブ・クルーズコントロール(Adapitive Cruise Control)の略である。Aは適応(順応)できるという形容詞のアダプティブであって、けっしてオートではないのである。

では、そのACCはなにに適応するのかというと、前走するクルマの速度に適応する。メーカーごとのACCで適応度の違いはあるものの、基本的には前のクルマとの車間を一定に保つことを使命としながら、前のクルマが速く走ればそれに追従し、スピードを落とせばそれに合わせて速度を緩めてくれるのである(前にクルマがいないときは、事前に設定した最高速度で走る)。みらい_ACC

現状では高速道路や自動車専用道路での使用が前提となっているのだが、そのメリットはなかなかに大きい。ドライバーはよほどのことがない限りアクセルとブレーキの操作をしないで運転しつづけられるので、長距離でも疲れない(ハンドル操作は必要)。また、人間のムダの多いアクセルとブレーキの操作が入らないので、燃費がすこぶるよくなる。さらに、車速設定が0㎞/hに対応しているACCの場合は、高速道路での渋滞で停止しているクルマにも適応するので、うっかり追突することがない……。

とにかく、ACCは自動運転の技術の一角を担う大した機能ということなのである。ついついオート・クルーズコントロールと呼びたくなってしまう気持ちもわからないでもない。

検知方法はセンサーから電波に移行!?

ACCの仕組みは、ざっくりいうと以下のようになる。

「巡航するCC(クルーズコントロール)の機能に、前車との車間距離をセンサーで感知しながらコンピュータによって自動でスピード制御を行う機能をつけたのがACC(アダプティブ・クルーズコントロール)」

そう、自動ブレーキの回で紹介したセンサーがここでも活躍しているのだ。そのセンサーの種類は、自動ブレーキと同様、ミリ波レーダーとステレオカメラ(デュアルカメラ)が主流になっているのだが、ACCの場合は、どちらかというとミリ波レーダーのほうが優勢となっている。理由は、ミリ波レーダーには「遠距離の障害物が検知できる」「高速域でも信頼性が高い」「悪天候や夜間に強い」といった特長があり、高速道路上での長い車間距離の検知に有利に働くからである。なお、高級車のなかにはこのミリ波レーダーと人間や自転車も見分けられる特長をもつステレオカメラの両方を採用し、一般車道での使用も可能にしようとチェレンジしているものもある。

今後、このACCはさらに進化すると見られている。実際、CACC(コーペラティブ・アダプティブ・クルーズコントロール=Cooperative Adapitive Cruise Contro)という新たなものが実用化に向けて開発が進められている。これは前を走るクルマと電波で通信しあいながら、ともに車間距離を保ちあうというもので、ACCよりもきめが細かくスピーディな制御を実現するらしい。うーん、クールだ!

ということで締めの一言。いずれCACCが出現したときに、けっしてクールなオート・クルーズコントロールなどと誤読しないように気をつけよう。

※参考文献:『自動運転』(日経BP社発行)/『選ぼう使おうACC』(JAFの特設サイト)ほか

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅力」(2) 電気自動車はスマートな走りで勝負する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅…

    スムースな走行が好タイムのコツ▶2010年と2011年のレースでは、2年連続でEVの歴代最速記録(2010年:13分17秒57/2011年:12分20秒084…

    2017.07.25更新

  • 第1回 SDGs ERK on ICEレポート(後編)EVの楽しさが体感できる駅近モータースポーツこそが、これからの自動車市場を刺激する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回 SDGs ERK on ICEレ…

    親子レースになるはずが急きょメディア対抗に変更日本EVクラブは当初、SDGsERKonICE『氷上の電気レーシングカートの祭典』のメインイベントを一般…

    2020.10.29更新

  • 次世代エコカー勉強会〈16時限目〉MaaS―スマホひとつでさまざまな交通手段・各種サービスが利用できるようになる(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈16時限目〉Maa…

    MaaS(マース)は、MobilityasaService(モビリティ・アズ・ア・サービス)の略である。直訳すると「サービスとしての移動」となり、意訳する…

    2021.08.11更新

  • 次世代エコカー勉強会〈1時限目〉人類は200年近くも前からモーターで走ることを夢みていた。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈1時限目〉人類は2…

    ここは、未来のクルマや新しいカーライフを研究するコーナー。できるだけわかりやすく、そのヒミツや魅力を解き明かしていく。まずは、最近話題の次世代エコカーについての…

    2015.10.16更新

  • 次世代エコカー勉強会〈12時限目〉日本は2050年までに完全電動化の達成をめざす!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈12時限目〉日本は…

    「自動車新時代戦略会議」が完全電動化の目標年を発表「自動車新時代戦略会議」(経済産業大臣主催)は2018年7月24日、この春からから重ねてきた官民による話合…

    2018.09.11更新

  • 次世代エコカー勉強会〈10時限目〉EVの電池の大容量化に対応するCHAdeMOの急速充電器(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈10時限目〉EVの…

    日本発の規格であるCHAdeMO方式の急速充電器は、世界に先行した試みであったが、まだ世界標準になっているとは言えない。EV・PHEVの重要なインフラである急速…

    2017.06.27更新

< 前のページへ戻る