ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(55)『クルマの未来で日本はどう戦うのか?』―2026年から続々登場する日本の本気のBEVに期待せよ!

2024年6月28日更新

BookReview_55-1

『間違いだらけのクルマ選び』でおなじみの島下泰久氏が著した本。

2023年4月の上海モーターショー、同年10月のJAPAN MOBILITY SHOW、2024年1月のCES(Consumer Electronics Show)という三つの大展示会で抱いた感想と知り得た情報を基に、日本の自動車メーカーの未来への危惧と期待を述べている。

BEV化に伴う
クルマの進化に焦点

まず、上海モーターショーでは敗北感を覚えた。

中国の各メーカーはどこも完成度の高いBEVを展示していた。それらは著者には〈BEVシフトというタイミングあるいはチャンスを用いてのクルマ自体の進化〉、すなわち〈クルマ2.0の勃興〉を感じさせるものと映った。

対して我ら日本のメーカーは、現実味と魅力の乏しいBEVのコンセプトカーをいくつか展示する程度。BEVシフトへの対応ができていない上に、それに伴うクルマの新しい価値の提案ができておらず、著者に「中国にはもうかなわないかもしれない」との危機感を抱かせた……。

この危機感は、しかし、半年後に東京で開催されたJAPAN MOBILITY SHOWで少し解消された。

中国のBYDによるBEVの魅力的な実車展示が目立つ中、日本の各メーカーも頑張っていた。特にレクサスが出展していたLF-ZCが輝いて見えた。これは2026年ごろにデビュー予定のBEV。中国勢よりかなり遅れての登場となるが、バッテリーはもちろん、知能化の部分でも著しい進化が期待でき、時間的劣勢をカバーするに余りありそう。この勢いが本格化すれば、いずれ中国勢をはじめとする他メーカーを凌駕する可能性は小さくはないと思わせた……。

そして著者は、2024年の米国ラスベガスでのCESで、日本のメーカーへの期待をさらに膨らませた。

そこには2040年にグローバルで100%BEV/FCEV化することを宣言したホンダが、2026年から市場投入する新しいBEVである0シリーズのコンセプトカーを展示していた。

BEVだからこそできた斬新なエクステリアと居住性の高いインテリア。進化させたバッテリーによる走行性能も十分で、かつ自動運転/先進運転支援システム、ソフトウェアディファインドモビリティの実力も申し分なさそう。まさにクルマ2.0を体現する1台。クルマのことをよく知るホンダそして日本のメーカーから、こうした魅力的なクルマが続々でるようになれば、勢力図は再び大きく塗り替えられるに違いないと感じた……。

実は著者は、クルマの脱炭素化については当面はHVやPHEVも含めたマルチパスウェイ路線でいくのが正解と考える派。いずれガソリンエンジンを搭載するクルマがなくなる運命だしても、すぐにすべてをBEVに転換させればOKと考えるのは浅はかだと思っている。そうなるまでには、ちゃんとした進化のロードマップが不可欠だろう、と。

〈求められているのは単にパワートレインを内燃エンジンから電気モーターとバッテリーに置き換えることではない。―略― 語るべきは、知恵を絞るべきは、BEVをはじめとする新しいテクノロジーによってクルマをどう進化させていくかというビジョンでありストーリーである。―略― 日本の自動車メーカーは、そして日本自動車工業会曰く550万人にも上るという自動車業界は間違いなく、それをリードしていける力を持っている〉

BEV派にも、アンチBEV派にも必読の1冊である。

BookReview_55-2

 

『クルマの未来で日本はどう戦うのか?』
・2024年5月20日発行
・著者:島下泰久
・発行:星海社

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 次世代エコカー勉強会〈5時限目〉水ーっと走るよ、燃料電池自動車【後編】

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈5時限目〉水ーっと…

     前回に引き続き、燃料電池自動車についての授業。前編はいいとこばかりをピックアップしたが、後編ではあえてデメリットなどについても言及する。本当の普及…

    2016.05.13更新

  • Book Review③ ZEV規制前にお勉強『トコトンやさしい電気自動車の本』(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review③ ZEV規制前に…

    トコトンむずかしいが第1章はわかりやすいさて、ようやく書評である。この『トコトンやさしい電気自動車の本』は、いわゆるロングセラー本である。2009年に初版…

    2017.02.13更新

  • 日本EVクラブ 試乗会ルポ (前編)環境によくて運転が楽しいクルマを選ぼう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ 試乗会ルポ (前編)環境…

    さまざまな自動車メーカーの最新のEVとPHVならびにPHEVの試乗ができる日本EVクラブ主催の『最新EV・PHV試乗&セミナー』。6月25日(日)に東京の日本科…

    2017.08.29更新

  • 次世代エコカー勉強会〈3時限目〉電気自動車のメリットとデメリットはなに?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈3時限目〉電気自動…

    『次世代エコカー勉強会』は未来のクルマや新しいカーライフを研究するコーナー。3時限目は2時限目に引き続いて「電気自動車(EV)」がテーマ。その具体的なメリットと…

    2016.03.18更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第6戦レポート(4)―「とりあえずノーマルで走った」テスラ モデルSプラッドとHonda e。来季の劇的進化に期待!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    今戦、爆速のテスラモデルSプラッドと、キュートなHondaeが初めてEVレースを走った。電動化時代のレースの進展を実感させる、実に感慨深い出来事だった。…

    2023.11.08更新

  • 次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ・サイクル・アセスメントとウェル・トゥ・ホイール(中編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ…

    自動車のエネルギー効率を測るにあたっては、ウェル・トゥ・ホイールという指標がある。今回はこの指標について見ていこう。EVもCO2を排出している?自動車のCO…

    2022.04.21更新

< 前のページへ戻る