ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(54)『ドライブイン探訪』―昭和レトロなドライブイン。その魅力の真髄に迫るノンフィクション

2024年6月13日更新

BookReview_54_1

いまは密かな昭和レトロブーム。ドライブイン人気もそのひとつだ。

この本は、一見、そうした流行を当て込んで書かれたガイド本かと思えるが、そうではない。

本書には既に廃業した店を含めた22軒のドライブインが掲載されていて、そこのオーナーの趣味や意向に沿った独自の店構え・メニュー・サービスなどが一通り紹介されている。そういう意味では、ガイド的な側面はあるにはある。

しかし、主題はあくまでその店固有の歴史と文化の紹介。時代や地域特性を背景とした各店の成り立ちをノンフィクション形式でじつに丁寧に描いている。

ファミレスにはない滋味深さ

著者はなぜ、こんな一風変わったドライブイン本を書くに至ったのか。

ファミレスやファストフード店隆盛のなかで生きてきた1982年生まれの著者は、長じるまでドライブインなるものにはまったく接点がなかった。ところが、ある日、原付カブで九州をツーリングしている最中に鹿児島の道路沿いにある奇妙な店に遭遇し目が離せなくなった。それこそが、いままで一度も入ったことがないドライブインという形態の飲食店だった。

そのとき著者はこんな風なことを思ったという。

〈日本全国に点在するドライブインは、一軒、また一軒と姿を消しつつある。でも、今ならまだ営業を続ける店が残っていて、話を聞くことができる。なぜドライブインを始めたのか。どうしてその場所だったのか。そこにどんな時間が流れてきたのか。そんな話をひとつひとつ拾い集めれば、日本の戦後史のようなものに触れることができるのではないか〉

勘は当たった。実際に取材してみると、想像していた以上に知的興奮を催すヒストリーやナラティブ、エピソードがいっぱいだった。それらを書き残すことは、没個性な現代において非常に重要な行為であるとはっきり認識できた。

たとえば、一番最初に気を引いた奇妙なドライブインの『ドライブイン薩摩隼人』(鹿児島県)。そこは1960年代に鹿児島市内で『軍国酒場』を繁盛させたことがある老オーナーが営む店で、いまも軍服を飾るなどの独自の雰囲気を醸しているのだが、そのオーナーの発する言葉がすこぶるいかしていた。
〈「今はな、民主主義を知らん人が多いよ」。貞美さんはそう切り出す。「人は皆、それぞれ考えが違うでしょう。違う考えを尊重する、それが民主主義よ。でも、今は違う考えを持っとる人を否定するでしょう。それではいかんわけよ。そうすると争いが生まれる。『軍国酒場』をやりおったけど、右翼でも国粋主義者でもないわけよ。戦争はいかん。もし戦争が起きれば私は逃げますよ」〉

こうした話を聞きながら飲む黒糖たっぷりのコーヒーの味は格別。いまのファミレスなどのコーヒーには絶対にない滋味深さのようなものが堪能できるのである。

何度もいうが、この本はガイド本ではない。

ただ、これを読んだうえで、掲載されているドライブインを巡るドライブを行えば、きっと表層的なガイド本に従ったドライブよりも相当に味わい深い体験ができるはず。ぜひトライをオススメしたい。

BookReview_53_2

『ドライブイン探訪』
・2022年7月10日発行
・著者:橋本倫史
・発行:筑摩書房(ちくま文庫)
・価格:990円(税込)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 『CEATEC JAPAN 2018』ルポ(前編)‐スマホ化したクルマはとても楽しいのである。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『CEATEC JAPAN 2018』ル…

    『CEATECJAPAN2018』が2018年10月16日~19日、千葉県にある幕張メッセで開催された。会場には「インターネットにつながるクルマ」が多数展示…

    2018.11.12更新

  • 次世代エコカー勉強会〈2時限目〉電気自動車はエコなうえに、走りもすごい!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈2時限目〉電気自動…

    『次世代エコカー勉強会』は未来のクルマや新しいカーライフを研究するコーナー。2時限目は「電気自動車(EV)」にスポットを当てる。まずは、一見シンプルなようで、…

    2016.03.04更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第2戦 レポート(3)―まるでレース映画。大いに盛り上がった国産の電動車同士の4位争い!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    このレース、トップ争いとは別に、第1戦同様に総合4位争いが大いに盛り上がった。昨シーズンは、参戦クラスが異なる2台、日産のリーフe+を駆るレーサー鹿島選手(チ…

    2023.06.08更新

  • 次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ・サイクル・アセスメントとウェル・トゥ・ホイール(中編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ…

    自動車のエネルギー効率を測るにあたっては、ウェル・トゥ・ホイールという指標がある。今回はこの指標について見ていこう。EVもCO2を排出している?自動車のCO…

    2022.04.21更新

  • 軽EV『FOMM ONE』の可能性(第13回オートモーティブワールドより)- ②エアバッグはないがドライバーを守る工  夫がいっぱい!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    軽EV『FOMM ONE』の可能性(第1…

    社長は一人乗りEVのコムスを開発した技術者FOMMONEの広報担当者へのインタビュー内容の前に、FOMMがどういう企業なのかを見ておこう。先述のとおりF…

    2021.02.12更新

  • 第28回 日本EVフェスティバル レポート②―eKクロスEVの純正タイヤBluEarthが軽くなっている理由を知る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第28回 日本EVフェスティバル レポー…

    eKクロスEVの試乗を終えた後、「メーカー展示」に出展していた横浜ゴムのブースに向かった。そこには、本HPにも登場してもらったレーサーの塙郁夫選手が2014年…

    2022.12.23更新

< 前のページへ戻る