ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

第4回 SDGs 氷上電気カート競技会「ERK on ICE」レポート ― レースとして進化し、インドア・モータースポーツの魅力が開花!

2023年9月29日更新

ERK on ICE 2023_1-1

日本EVクラブが開催する氷上電気カート競技会「ERK on ICE」が、9月23日(土・祝)、新横浜スケートセンターで開催された。今年で第4回となるこの競技会は、ERK(Electric Racing Kart=電気カート)を氷の上で走らせるという、世界に例を見ない新しいインドア・モータースポーツである。CO2を排出せず、騒音とも無縁なERKを競技車両とすることで、まさにSDGsを冠するにふさわしい競技会になっている。

実施される競技は、「ビギナークラス」全10レース(参加者20名)、「エキスパートクラス」全10レース(参加者20名)、「マスタークラス」予選・準決勝・決勝(参加者8チーム16名)となっており、各クラスの参加者は事前にオンラインで公募された。

ERK on ICE 2023_1-2

第4回 SDGs 氷上電気カート競技会「ERK on ICE」参加者の皆さん



2020年10月3日に第1回の競技会が開催されて以降、毎回レースのルールや運営手法に手が入れられ進化してきたのだが、今回はかなり大きな変更がほどこされ、スケートセンターで実際に見るまではレースのイメージがつかめなかった。

しかし、始まってみると、「ビギナークラス」「エキスパートクラス」「マスタークラス」とも非常に引き締まった競技に仕立て上げられており、事前に日本EVクラブが発信したニュースリリースに「エキサイティングで魅力的」と書かれていたことに納得がいった。

第4回にして「ERK on ICE」は、インドア・モータースポーツとして完全に開花したのである。

スポーツやレースは形が整い、内容が深くなることによって、参加する選手の技術と意識がレベルアップし、また競技を行う喜びも大きくなる。今年の「ERK on ICE」は、そうした意味においても充実した競技会となっていた。

ERK on ICE 2023_1-3

今回、ロータスタウンでは、事前から「ERK on ICE」の魅力を伝えるためには動画が適していると考え、ビデオカメラをメインにした取材を行った。

以下に、「ビギナークラス」「エキスパートクラス」「マスタークラス」それぞれの競技内容を紹介する動画を掲載するので、ぜひ視聴してこの新しいインドア・モータースポーツの魅力にふれていただきたい。

●ビギナークラス
・カートの運転未経験者、もしくはカートの運転に自信がない人のクラス。
・スケートリンクの1周約100mのオーバルコースを2台のERKが2周して勝敗を決定するレース。



●エキスパートクラス
・公式カートレースの出場経験者や各種モータースポーツ競技出場経験者のクラス。
・2周(2周目に2ヵ所の360度回転を設定)のレースを行った後 車両を交換して再度2周のレースを行い(計2走)、トータルで勝敗を決定するレース。
※勝敗が1勝1敗の場合は、計2走の停止距離を合計し、より短い距離で停止した競技者を勝者とする。



●マスタークラス
・各種モータースポーツ競技に出場経験がある、または相応の運転技量を持つ人たちのクラス。
・2名でチームを構成し、合計8チームが参加。8チーム対抗の勝ち抜き戦とし、優勝と準優勝を決める。
・基本のレース形態は、2ヵ所の360度回転を設定した1周走行のレースを、両チームの選手が1対1で2回(第一競技者のレースと第二競技者のレース)行い勝敗を決定する。
※勝敗が1勝1敗の場合は、計2走の停止距離を合計し、より短い距離で停止した競技者を勝者とする。



今回、日本EVクラブの舘内 端 代表は欠席のため、開会式の挨拶は、氏から届けられた文書を司会の秋元郁美さんが読み上げる形で行われた。その一部をここに掲載したい。

〈……ゼロ・エミッションカーがつまらないかというと、そうではありません。街中ではスイスイと機敏に走りますし、高速道路での静けさはクルマに乗っていることを忘れさせてくれます。
そして今までのエンジンのレーシングカートでは出来なかった室内で、しかも氷上で、実に楽しく走れるのです。
ゼロ・エミッションカーは楽しい。だからきっと普及します。「ERK on ICE」が、その道先案内人になれれば良いと思います。……〉


「ERK on ICE」は、来年も新横浜スケートセンターで開催されるだろう。しかし、それだけでなく、日本EVクラブでは日本各地のスケート場で「ERK on ICE」が開催されるよう、その推進を図っていくという。

「ERK on ICE」地方大会を勝ち上がった選手が、「ERK on ICE」全国大会に集結する……そんな日が早くやってくることを望んでやまない。

ERK on ICE 2023_1-4

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第1戦レポート(前編)―モデルSプラッドを駆るKIMI選手が、異次元の最速タイムでポールを獲得!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    陽光は春めくも風がまだ冷たい3月10日(日)、JEVRA(日本電気自動車レース協会)主催のALLJAPANEV-GPSERIES2024の第1戦「全日本…

    2024.03.26更新

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ③ 新しいレース観をつくりだすEV特有の走り!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    日本EVフェスティバルの後半の模様と、閉会式についてルポする。コンバートEVレースに加え、自動運転車によるエキシビションレースまで行われ、会場は次世代自動車感…

    2018.11.22更新

  • 2020全日本EVグランプリシリーズ第4戦レポート① 真夏のEVレースは、ずっとアクセル全開だと勝てないのだ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2020全日本EVグランプリシリーズ第4…

    バッテリー温度を気遣うアクセルワークが不可欠長い梅雨が明けた1週間後の8月9日、全日本EVグランプリシリーズ(ALLJAPANEV-GP)の第4戦が快晴…

    2020.08.25更新

  • EVキーマンに聞く/電力シェアリングCEO 酒井直樹さん ②「EVへの充電を夜から昼に変えれば、CO2の排出量が半分にできるんです」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/電力シェアリングCE…

    電力シェアリングは、2023年春、時間帯別の電力のCO2排出量を算定できる技術を確立して特許を取得した。現在、そうした実績をバックボーンに環境省の「ナッジ×デジ…

    2024.02.22更新

  • BookReview(26)『日本車は生き残れるか』 ─新エネ車×インターネットが未来のモビリティの理想形!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(26)『日本車は生…

    CASEのCが最重要!?日本車は生き残れるか。恐ろしい問いかけをタイトルにする本書だが、冒頭2ページ目にあっさり答えが出されている。〈日本の自動車産業は崩壊…

    2021.06.10更新

  • 『第25回日本EVフェスティバル』ルポ③ 高校生は社会貢献できるEVが超クールだと感じる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第25回日本EVフェスティバル』ルポ③…

    日本EVフェスティバルに参加したEVは、なにもレーシングカー仕様の車両ばかりではない。自動運転機能を備えたEVもあれば、〈何でもEV展示〉にはユニークなEVたち…

    2019.12.05更新

< 前のページへ戻る