ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(34)『EVのリアル』―EV懐疑派も、ノルウェーのEV事情に接すればきっと変心する!

2022年10月12日更新

書評「EVのリアル」_1

著者の意識を変えた
欧州のリアルなEV事情

著者は日経新聞の記者。職業柄、最新の自動車市場の動向には明るいのだが、2017年までは「EVなんて普及するの?」と思っていた。

その認識が変わったのは、2017年から22年までドイツのフランクフルト支局に赴任し、欧州各地の「EVのリアル」を生で見聞きしたから。

著者は今では「(日本を含む世界各地で)EVは普及する」と確信するまでになっている。さらには「(モビリティにおける)脱炭素の最適解はEVである」と言い切る。

まさに「君子は豹変す」の典型である。本書には、著者の認識を根底から覆した欧州各地での刺激的なEV事情や欧州メーカーのEV戦略のあれこれが紹介されている。

ノルウェーのEV事情は
近未来の日本でも実現!?

著者の変節に最も影響を与えたのは、二度にわたるノルウェーの首都オスロでのEV事情の取材体験だった。

ノルウェーは1990年代からEV振興策を打ち出しており、オスロは早くから「世界のEV首都」と呼ばれていた。だが、最初の訪問時である2017年、街中では確かにEVの姿はよく見かけられたものの、まだまだエンジン搭載車が数多いという印象を受けた。

実際、2016年の車名別新車販売ランキングの上位は、1位がアウトランダーPHEV、2位がトヨタのRAV4といった具合で、ベスト10に入るピュアなEVはVWのe-ゴルフ(3位)、日産のリーフ(7位)、BMWのi3(8位)ぐらいだった。

ところが、4年後の2021年に再訪したところ、状況は大きく変わっていた。街中がEVだらけになっていたのである。

〈「音が違う」。オスロ市街で違和感に気がついた。「ブロロロ」というエンジン音があまり聞こえない。著者が初めて訪れた4年前もEVをよく見たが、今回はその比ではない。すれ違う車が5台続けてEVということも珍しくない〉

〈ノルウェー道路連盟(0FV)によると、17年のノルウェーの新車(乗用車)販売に占めるEV比率は16%だったが、21年は65%に達した。月によっては8割を超えるまでになっている〉

車名別新車販売ランキングでもこの変化は顕著。テスラのモデル3を筆頭に、トップ10の中に9台のピュアなEVが並ぶようになっていた。

たった4年の間に、いったい何があったのか。著者はノルウェーEV協会の上席顧問にインタビューして、急速な普及の理由を聞いている。

その内容を箇条書きにしてまとめると、こうなる。

①昔からノルウェーでは、購入税と付加価値税の免除がEV購入のインセンティブとなっていた。

②それに加えて、近年、航続距離の長い比較的低価格な車両が相次いで導入され出し、消費者の選択肢が広がった。

③さらに、幹線道路の急速充電ネットワークが完成し、どこでも充電できるという安心感が醸成された。

この三つは、もともとEV普及のために必要とされていたことで、当然の帰結といえる。だが、現実に普及している地においては、非常な説得力をもって聞く者の心に響いてくる。

これらの条件が揃えば、ノルウェー以外の国でも高い確率でEV普及は急速に進んでいくことだろう。

現在、日本でも、こうした条件は徐々にではあるが整いつつある。そう遠くない未来に、ノルウェーに近い状況を迎えるのは間違いない。それはカーボンニュートラルの視点でも歓迎すべきことといえる。

かつてEV懐疑派だった著者は、今、EV推進派としてそんなふうに考えているのである。

現時点で「EVなんて普及するの?」と疑っている人は、ぜひ一読を。「百聞は一見にしかず」を疑似体験することで、意識は相当変わるはずだ。

書評「EVのリアル」_2

『EVのリアル 先進地欧州が示す日本の近未来』
・2022年6月24日発行
・著者:深尾幸生
・発行:日経BP 日本経済新聞出版
・価格:1,870円(税込)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • EVキーマンに聞く/CHAdeMO協議会 姉川尚史会長 ②「実は、世界の主な急速充電器はCHAdeMO規格がベースになっているんです」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/CHAdeMO協議会…

    姉川尚史会長へのインタビュー第2話は、「CHAdeMO協議会が急速充電器の規格を統一する業務を行っているワケ」と「その規格の内容」について。わかりやすい説明の中…

    2020.03.19更新

  • JAPAN MOBILITY SHOW 2023 レポート(2)三菱自動車とスズキは自社の個性を前面に出した電動コンセプトカーを披露!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    JAPAN MOBILITY SHOW …

    三菱自動車とスズキは、ロータスクラブと提携している自動車メーカーだ。これまで三菱はオフロードの走りに定評のあるクルマを数々発売し、スズキは軽自動車を中心に身近…

    2023.11.14更新

  • 諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボックスって何?〉②「今後は日本でも暴走事故の解明に一役買うことになるでしょう」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボック…

    諸星陽一氏によると、アメリカではEDRから読み出したデータの解析レポートが裁判の証拠として普通に使われていて、その一連の作業はビジネスとして成り立っているという…

    2021.03.11更新

  • BookReview⑮『CASE革命 2030年の自動車産業』- CASEは、たった一字違いのCAFEで推進力が増している。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑮『CASE革命 2…

    トヨタが電動車550万台販売を5年ほど前倒ししたワケとは?トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、2015年に公表した『トヨタ環境チャレンジ2050』を、2…

    2019.07.09更新

  • 第27回 日本EVフェスティバル レポート③ ―「百万台EVプロジェクト」で、楽しく地球温暖化対策に乗り出そう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第27回 日本EVフェスティバル レポー…

    日本EVクラブの舘内端代表は、今回の日本EVフェスティバルのパンフレットに「地球温暖化は私です」という一文を寄せていた。そこには、こんな記述がある。「世界の…

    2021.12.09更新

  • 『人とくるまのテクノロジー展2019 横浜』ルポ① 三菱車とスズキ車に縁が深いバッテリーSCiBの長寿命性のワケ  を知る!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『人とくるまのテクノロジー展2019 横…

    『人とくるまのテクノロジー展2019横浜』(公益社団法人自動車技術会主催)が、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催された。この展示会は、1992年にエンジ…

    2019.06.25更新

< 前のページへ戻る