ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.27 忙しいのに「うっかり」しがちな人は自動車保険の満期切れにご注意!(前編)

2018年7月5日更新

更新忘れ1web

【今回のやっちゃったストーリー】

昼夜交代制の勤務で忙しいXさん(26歳・看護師)。ときどき日にち感覚がずれてしまうのが悩みのタネだ。
よくやるのは、彼とのデートの約束の日の取りちがえ。彼から電話が入ってはじめてその日がデートだったと気づくことが多い。
「あれ、逢うの明日じゃなかったっけ? え、今日だった? わ、ごめん!」
彼は、そんなXさんの仕事事情にともなううっかりに慣れているので、そんなに厳しく責めはしない。いつも「しようがない。じゃあ、またこんどにしようか」という感じでやさしく許してくれる。
問題は、社会的な契約の期限をやり過ごすことがあることだ。これはときには取り返しがつかない事態を招く可能性がでてきてしまう。
一番最近やらかしたのは、自動車保険の満期日までの保険契約(更新)を忘れてしまったことだ。
じつはXさんは、なるべく保険料を安く済ませるために、これまでたびたび保険会社を変えてきている。そのため、いつも更新を自動的にはせず、満期日までに必ず代理店にいって新たな保険会社を選ぶか、現行の保険会社で更新するようにしてきた。
今回は、現行の保険会社で更新するつもりでいたのだが、なんと、うっかり、満期日をやり過ごしてしまったのだ。
約2ヵ月ほど前に保険会社から満期日を知らせる封書がきていて、満期日の1週間前ぐらい前には昼間に就寝しているときに代理店から保険をどうするかの問い合わせの留守電も入っていたので、「来週の水曜日が満期日だから、その日までには必ず更新にいこう」と強く意識はしていた。だが、その水曜日までは多忙な日がつづき、当日も夜勤明け。疲れと眠気のせいでXさんの頭のなかからは更新のことがすっかり抜け落ちてしまっていて、ハッと気がついたのは、代理店の営業が終わっている夜の9時すぎのことだった。
「やっちゃった……」
Xさんは、これまで7年間にわたって無事故できたために自動車保険は12等級になっていた。しかし、満期を過ぎたとなると、それもまっさらになり、また最初の6等級からの再スタートになってしまうかもしれない。
「あーあ、保険料の割引、なくなっちゃうのかなぁ……」
翌朝、Xさんは気落ちしたままのトーンで代理店に電話を入れた。
「あの、保険の満期日までに更新するのを忘れちゃいまして……。でも、また契約したいんで、来週にでも伺おうかと思ってます」
すると、代理店の担当者は声を大にしてこういった。
「来週でもいいんですけど、後半じゃダメです。遅くとも来週の火曜日までには絶対にきてください! 満期日を含む7日以内の更新だったら、Xさんの保険、これまでの等級のままで継続ができますから」
え、満期を過ぎたのに継続できるの? どういうこと?

満期日を過ぎると
等級と割引が無になる

Xさん、いくら忙しいからといって、今回のは、ちょっといただけないうっかりでしたね。

基本的に自動車保険は、1年ごとの満期日までに更新を行うようになっています。通常であれば、保険会社からの送付書類をもとに保険代理店と相談し、更新手続きをすればよいのです。
ただ、Xさんが過去に行ったように、保険料などを比較してあえて自動車保険を変える場合は、満期になる前に保険代理店に行って別の自動車保険に加入する手続きをするか、インターネットを介してのウェブ契約を結ぶか、いずれかの作業を行う必要があります。
いずれにしても、満期日は重要な期限なのです。

それが、もし、満期日をうっかり忘れ、契約(更新)しないでいるとどうなるか?
新たに保険契約をしたとしても、それまでの等級は引き継げず、また最初の6等級から再スタートとなってしまいます。つまり、まったく割引のない保険に一から入り直す必要がでてくるという、非常にもったいない話になってしまうのです。残念なことに……。

7日以内であれば
等級継続が可能

ただ、Xさんは、代理店の担当者から「満期日を含む7日以内の更新だったら、これまでの等級のままで継続できます」といわれました。
これはいったいどういうことなのでしょうか?

じつは、多くの保険会社は、満期日から1週間以内であれば、これまでの等級を引き継いだまま契約更新ができるという措置をとっています。おそらく満期日あたりの駆け込み更新が多くなると、事務的な手続きの遅れで期日が過ぎてしまう可能性があるため、それを防ぐために設けられたものと考えられますが、Xさんのような人にとっては、まさに地獄に仏のような救済措置となっているのです。

ほっ、よかったですね。

自動車保険の更新忘れ_1web

とはいえ、これはあくまで特例の救済措置のようなものです。忙しい人やうっかりが多い人は、「満期日から7日間は大丈夫」だなんて考えずに、しっかりと満期日までに更新のための行動を起こすよう努めてください。じゃないと、きっと満期日から1週間後の最終期限さえもやり過ごしてしまうことになること必至でしょう。
そうなったら、もう、救済は一切ありません。その点、どうかくれぐれもお気をつけください。(後編につづく)

忙しいのに「うっかり」しがちな人は自動車保険の満期切れにご注意!(前編)

忙しいのに「うっかり」しがちな人は自動車保険の満期切れにご注意!(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • Vol.48 非接触事故が自損事故扱いに。ああ、オールリスクタイプの車両保険に入っておけばよかった……(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.48 非接触事故が自損事故扱いに…

    突然、カーブの向こうからセンターラインオーバーをしてきた対向車を避けようとして、愛車をガードレールにぶつけてしまったQくん。本来であれば、相手にもある程度の責任…

    2020.02.20更新

  • Vol.15 妻が原付バイクの自損事故で大ケガ。えっ、自賠責で治療費はでない!?〈前編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.15 妻が原付バイクの自損事故で…

    【今回のやっちゃったストーリー】地方に在住している共働きのMさん夫婦(夫26歳・妻23歳)は、いつか子どもを数人もち、みんなでマイホームで暮らすことを夢見てい…

    2017.03.27更新

  • Vol.14 愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.14 愛車が盗まれた。保険でなん…

    盗難車両が発見されても廃車同然の可能性が大「盗難車が発見される確率は1~2割程度らしい」と中編で書きました。そう、かなり希有とはいえ、ときどき盗難車両が見つ…

    2017.02.27更新

  • 「もしも」コラム どんな些細な事故でも警察に一報を!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    「もしも」コラム どんな些細な事故でも警…

    今回、コラムとして紹介するのは、あるロータス店のお客さまである運送会社のドライバーAさんのリアルな体験談。どんな些細な事故でも警察に通報することの大切さがよくわ…

    2017.09.12更新

  • Vol.39 「損傷は保険、故障は保証」という言葉を深く胸に刻もう!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.39 「損傷は保険、故障は保証」…

    購入後すぐの故障であれば「瑕疵担保責任」で救われるが…前編に続いて、「損傷は保険、故障は保証」のうちの「故障は保証」について……。新車を購入した場合、3年…

    2019.02.26更新

  • Vol.43 あおられて自損事故。自分だけが悪いだなんて、そんなのアリ?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.43 あおられて自損事故。自分だ…

    前編では、あおり運転をされたことによって自損事故を起こしてしまったN君の事例を紹介しました。そんな事態にならないために、N君はどうすればよかったのでしょうか?…

    2019.08.06更新

< 前のページへ戻る