ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのことならなんでもガイド

達人に訊く(1) 古いヘッドライトを 低料金で明るくする方法、あります!

2016年5月13日更新

今月の達人

真鍋モータース・真鍋貴行

真鍋貴行こんにちは。香川県にあるロータス店『真鍋モータース』の真鍋貴行です。一応、社長やってます。「達人」などといわれるのは少々照れくさいですが、3歳のころからクルマの世界がぼくにとっての大切な場であったので、そこそこの知識と技術をもちあわせているという自信はあります。
ということで今回は、そんなぼくなりの豊かなカーライフのためのヒントをいくつかご紹介していきたいと思います。第1回目は、お金をかけずに古いヘッドライトを明るくする方法です。リーズナブルに夜の安全運転を実現し、車検をスンナリ通せるようにするための秘策をお教えしましょう。

古いヘッドライトは黄色く濁る

みなさんは、長年乗っているクルマのヘッドライトがだんだんと暗くなってしまうという事実、ご存じでしたか? なにもバルブが切れるとかの話ではありません。たとえバルブが新しくても、これは必ず起こる現象です。

どういうことかというと。いまのクルマのヘッドライトのカバーはプラスチックでできています。これ、時間が経つと表面が酸化して黄色く濁り、十分にバルブの光を通さなくなってしまうのです。

こうなったら、もうたいへん。 夜の運転が危なくなるのはもちろんですが、濁りの程度によっては車検を通らない可能性もでてきます。

車検のことなら自動車整備業界のネットワーク ロータスクラブへ


 

2015年9月1日から変わった車検のヘッドライトの検査方法

実は、2015年の9月1日から車検でのヘッドライトの検査方法が大きく変わりました。

それまでは、遠くまではっきりした光を放つハイビームので光量検査が行われていたのが、近くを照らす暗めのロービームのほうで検査が行われるようになったのです(基本的に1998年9月1日以降につくられたクルマが対象)。そのため、黄色く濁ったヘッドライトのカバーをつけている場合は光量が足りずに、NGとなるケースが出てくるようになりました。

数年~10年以上乗りつづけているクルマのオーナーにとっては、これは困った話でしょう。

ハイビームの図

ロービームの図

新品への交換はカンタンだけど高い

もちろん、解決策はいくつかあります。もっともカンタンなのは、ヘッドライトのカバーを交換すること。新品なら、まちがいなく明るくなり、光軸のズレがなければ一発で車検を通すことができるようになります。

ただ、問題がないわけではありません。現実的な話、金銭面での負担が少なくないのです。軽自動車であれば両方で3~4万円程度、車種や年式によっては両方で10万円近くもかかってしまいます。

うーん、どうでしょう。僕からすると、ヘッドライトにそんなにお金をかけるというのはあまり賢い選択とは思えません。お金はもっとほかのことにつかったほうが、カーライフは豊かになるような気がします。

オススメは半永久的にもつクリア塗装

ぼくがイチバンにオススメしたいのは、黄ばんだヘッドライトカバーの表面をきれいに洗ったうえで、ボディにも使うクリア塗装を施すというやり方です。

これは高い技術力を誇るロータスクラブ加盟のお店の多くが採用しているやり方なのですが、新しい車検の基準に見合う光量が半永久的に確保でき、かつリーズナブルに済ませることができます。料金はお店によって異なるものの、どんな車種でもおそらく両方で2万円以内に収まるはずですよ。

実際、ぼくは、このヘッドライトカバーのクリア塗装で何台も新しい車検を通してきました。そして、すべてのお客様に喜ばれ、感謝されてきました。これはもう、お客様本位の整備冥利に尽きるといったところでしょうか。

みなさん、ヘッドライトの黄ばみを見つけ、次の車検が近いようなら、ぜひロータスクラブ加盟のお店でのクリア塗装を検討してみてください。

透明ヘッドライト ブラックヘッドライト

ヘッドライトのカバーの黄ばみを洗ってクリア塗装を施せば、新品同様の明るさに。
クリア塗装なら、合法範囲で薄いブラックやブルーといった色を入れることも可能。

 

クルマのことならなんでもロータスクラブへ ~ ロータスクラブは日本全国1,600社がつくる自動車整備業のネットワークです。

 
お店紹介


真鍋モータース

店舗

1955年に創業した香川県三豊市にあるロータス店『真鍋モータース』。二代目の真鍋貴行社長(56)は、3歳で中古車の買いつけに同行したというほどのクルマ好きで、現在は「お客様が困っていることに応えられるお店」「面白いカーライフが提案できるお店」をモットーに邁進中。とくにハイエースの改良に関しては全国に名を轟かせるほどとなっている


住所:香川県三豊市詫間町詫間614-8


電話:0875-83-2477(代表)


HP:http://www.lotas37.com/manabe/社長

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 達人に訊く(25)EVには、新しい「走る歓び」があるんです!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(25)EVには、新しい「走る…

    今月の達人ロータス東和オート・新城浩司こんにちは、沖縄県宮古島市にある『ロータス東和オート』の新城浩司です。今回から数回にわたって、ウチが得意とするEVとP…

    2017.08.08更新

  • 達人に訊く(10)ダッシュボードに物を置くと、助手席の彼女の命が危ない!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(10)ダッシュボードに物を置…

    今月の達人ユサワ自動車・湯澤孝典こんにちは、栃木県にあるロータス店『ユサワ自動車』の湯澤孝典です。今回は「ダッシュボードに物を置かないで」という内容です。一…

    2016.07.29更新

  • 達人に訊く(49)次世代車の『補機用バッテリー』は腕とコスパのいいロータス店で交換を!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(49)次世代車の『補機用バッ…

    今月の達人大村モータース・山中剛これまで主にガソリン車のバッテリーに関して解説してきましたが、今回はハイブリッド車やPHEVといった次世代車に付いている『補…

    2019.03.26更新

  • 達人に訊く(75)環境時代に対応するため、まずは天然ガスで走るCNGバスを導入しました。

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(75)環境時代に対応するため…

    今月の達人協同/協同バス・鈴木貴大 [第1回]2021年2月10日。埼玉県の久喜市内を循環するコミュニティバスの路線を、1台の電気バス(中国BYD社製)が走…

    2021.11.25更新

  • 達人に訊く(79)電動化時代に相応しいサービスを提供。これからのロータス店にぜひご期待ください。

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(79)電動化時代に相応しいサ…

    今月の達人協同/協同バス・鈴木貴大[第5回]「電気バスは持続可能じゃないと意味がない」「EVの普及は商用EVから本格化する」「ロータス店は電動化時代に相…

    2022.02.10更新

  • 達人に訊く(43)消耗品であるカーバッテリーは「3年ごとの交換」がセオリーです。

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(43)消耗品であるカーバッテ…

    今月の達人大村モータース・山中剛前回の最後のところで「カーバッテリーはおおよそ3年経てば寿命がきて、プツッと電力供給が止まる」と述べました。今回は、このこと…

    2018.11.22更新

< 前のページへ戻る