ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第4戦レポート(1)―王者TAISANがモデル3を3台投入し、ガチで逆転チャンピオンを狙いにきた!

2023年11月8日更新

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_1-1

ついに王者がガチで勝ちにきた。

8月11日(金・祝)、袖ケ浦フォレストレースウェイで開催されたALL JAPAN EV-GP SERIES 2023の第4戦「全日本袖ケ浦EV60㎞レース大会」。

昨シーズンまでの王者Team TAISAN(以下、TAISAN)は、第3戦まで1台のテスラ モデル3でレースを戦っていたが、今戦は一気に3台のモデル3をエントリーしてきた。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_1-2ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_1-3ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_1-4

ドライバー陣もそうそうたる顔ぶれ。

今回、第3戦まで孤軍奮闘してきたル・マン24クラス優勝のキャリアを持つ余郷敦選手(#2)に加え、一昨年にこのEVレースを4連覇し現在86/BRZに参戦中の地頭所光選手(#1)と、Super GT参戦のキャリアを持ち現在86/BRZに参戦中の久保凛太郎選手(#0/下の写真の向かって右)が起用されたのだ。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_1-5

まさに、本気で勝ちをもぎ取る態勢といえる。

残り3戦に賭ける
王者の勝利への執念

この新たな態勢は、言うまでもなく、初戦から勝ち続けているスエヒロ自動車商会(以下、スエヒロ)の連勝阻止を期したものといえる。同時に、総合ランキングで3位のポジションにいる余郷選手を年間総合チャンピオンへと押し上げる狙いがうかがえる。

下表にあるように、第3戦までの総合ドライバーズポイントの上位2人は共にスエヒロ自動車商会のドライバー。二度優勝のTAKAさん選手(#35)が55ポイントで1位、一度優勝のアニー@ニキ選手(#39)が44ポイントで2位となっている。一度も優勝がないTAISANの余郷選手は、42ポイントで3位である。

総合ドライバーズポイント(618時点)

もし、この第4戦を含めて残り3戦を1台だけで戦えば、2台態勢でチーム戦略が駆使できるスエヒロが有利になるのは間違いなく、ポイント数でリードするTAKAさん選手をやすやすと年間総合チャンピオンの座に着かせることになりかねない。

だが、複数台で戦うとなれば事情は異なってくる。各戦、チームで余郷選手の連勝を後押しでき、TAKAさん選手を3位か4位以下に抑え込める可能性が出てくる。そうなれば、余郷選手が大逆転でチャンピオンを獲得する目も出てくる。

最近のスエヒロの強さを考えれば、そう簡単なことではないにしても、勝負に出るならば今回がギリギリのタイミング。TAISANは、それを踏まえて必勝態勢を敷いてきているのだ。

王者の勝利への執念、恐るべしである!

 

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第4戦レポート

(1)王者TAISANがモデル3を3台投入し、ガチで逆転チャンピオンを狙いにきた!

(2)初EVレースの久保選手が、現役プロの実力を発揮して初ポールを獲得!

(3)久保選手の巧妙なブロックが効き、余郷選手が今季初優勝を遂げる!

(4)20名のテスラ車オーナーが「カルガモ走行会」に参加!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • JEVRAに聞いた「EVレースの楽しみ方」(後編)パワーだけでは語れない奥深いレースの魅力を感じとってほしい!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    JEVRAに聞いた「EVレースの楽しみ方…

    JEVRAの全日本電気自動車グランプリシリーズは今年11年目を迎える。今後、世界的にEVが続々と登場すると言われており、それはEVレースには追い風となるだろう。…

    2020.05.22更新

  • 次世代エコカー勉強会〈8時限目〉自動運転の「ただいまのところ」③ほぼ自動で車間距離を保つACC

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈8時限目〉自動運転…

    高速道路で気をつかうことの一つとして、前をいくクルマとの車間距離を保ちながら走ることがある。自動運転技術の一角を担うACCは、それをほぼ自動でできるようにしてく…

    2016.10.27更新

  • BookReview⑲『2030 中国自動車強国への戦略』 – 習近平はEVと自動運転車で貧困をなくす夢を見る!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑲『2030 中国自…

    最悪のタイミングで出た一冊2019年の秋、「中国のEV販売が急減速」という主旨のニュースがいくつも流れた。以下がその概略だ。中国は2030年までにEVをは…

    2020.05.12更新

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ①トミーカイラZZ誕生エピソード~「とんがったEVがだしたかったんです!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    2015年に往年の名車トミーカイラZZをEVスポーツカーとして復活させ、2019年には日本初のEVスーパーカーであるGLMG4を量産するというGLM。社長の小…

    2018.01.17更新

  • Book Review③ ZEV規制前にお勉強『トコトンやさしい電気自動車の本』(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review③ ZEV規制前に…

    いま、電気自動車が次世代エコカーの主流になりそうな気配が濃厚だ。ということで、「電気自動車の基礎から勉強しなおさなければ」と思い、『トコトンやさしい電気自動車の…

    2017.02.13更新

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 後編】「新しいEVがイマイチだったら、あと10年はi-MiEVに乗り続けます(  笑)」(金倉弘樹さん) 

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    約10年、27万㎞以上の道をi-MiEVとともに走ってきた金倉弘樹さん。そのi-MiEVライフの中で感じた、i-MiEVのいいところ、悪いところとは。そして、こ…

    2019.12.19更新

< 前のページへ戻る