ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのことならなんでもガイド

達人に訊く(39)ロータスがオススメするタイヤメーカーとは?

2018年7月30日更新

今月の達人
宮本モータース・宮本毅

達人_宮本モータース_トップ

私が担当するこのコーナーの初回で、「ちゃんとした品質のタイヤを選びましょう」ということをお話ししました。さて、タイヤを製造するメーカーは国内にも数社ありますし、海外を見渡せばさらに多くのメーカーがあります。今回はそうしたタイヤメーカーの中で、私たちロータスが推薦するタイヤメーカーについてお話します。

評価を決定づけるのは
マイナス環境での走り

いったいどのメーカーのタイヤが優れているのか、一般の方々はなかなかすぐに判断することができません。

なぜなら、どのメーカーのタイヤも「よほど条件の悪い道路環境」でない限り、あまり大きな性能の差はでないからです。とくに「新品」のときは、そこそこのグレードのものであれば、どれも高いレベルで快適かつ安全な走りを支えてくれます。

しかし、このことは逆に「条件の悪い道路環境」においてどんな走りができるのか、また「長く乗った(新品でなくなった)」ときにどれほどの性能が発揮できるのか、ということへの関心を生みだします。そして、じつは私は、それこそが現実的なタイヤの品質=快適性と安全性などを決定づける、いい物指しになると考えています。

ということで、それを踏まえて、ズバリいいます。
各タイヤメーカーのなかでは、ブリヂストンとヨコハマタイヤの製品の性能が群を抜いて優れていると思います。

氷上の周回でも横滑りしない
ブリヂストン/ヨコハマのスタッドレス

まず、「条件の悪い道路環境」においていかにタイヤが重要かということについて……季節はずれな話でたいへん申し訳ないのですが、冬用のスタッドレスタイヤのことを例にあげて説明したいと思います。

今年1月、私は厳寒の北海道で開かれた主要メーカー各社の新品スタッドレスタイヤを乗り比べるテスト走行会に参加してきました。

そのときの会場のコースは、凍っていてツルツルでした。つまり、テスト走行は極めて「条件の悪い道路環境」のなかで行われたというわけです。

私たち参加者は、各メーカーのタイヤを履いた同じクルマでそのコースをなんどか回り、タイヤの性能を比較しました。その際、各メーカーのタイヤの性能の差が一番顕著に現れたのは、半径10メートルの円になったコースを走ったときでした。

ブリヂストンとヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤは、時速20キロで問題なく円走行することができました。

ところが、それ以外のメーカーのスタッドレスタイヤは、まったくそうではありませんでした。わずか時速15キロしかだしていないにも関わらず、ズズズッと横滑りする状態に陥ったのです。

「うーん、こういう危なっかしいタイヤは、地元の新潟(雪国)のお客さまには絶対オススメしたくないな。オススメするなら、やっぱり、どんな環境でも安心して走れる提携2社のタイヤだな」

実はブリヂストンとヨコハマタイヤは、ロータスが提携する2社です。以前から提携2社の性能について確信をもっていた私ですが、この体験は、その確信をさらに強めることになったのでした。

技術革新の証…
たとえば発泡ゴムの力

それにしても、どうしてこんなに性能のちがいが生まれるのでしょうか?

その理由はいろいろありますが、ブリヂストンとヨコハマタイヤの2社は真摯にタイヤ開発に取り組み、乗り手であるお客さまのために技術革新を行っているからだと思います。

ここでは、ブリヂストンのスタッドレスタイヤ(BLIZZAK)の素材を事例としてご紹介したいと思います。
BLIZZAKには、独自開発の『発泡ゴム』が使われています。これは、とても優れた素材で、以下の図(画像提供:株式会社ブリヂストン)のような大きな特長を発揮してくれます。

《発泡ゴムの拡大イメージ》


発泡ゴム_拡大イメージ

 

《発泡ゴムの除水イメージ》


発泡ゴムによる除水イメージ

 

《BLIZZAKの氷結路面への接地イメージ》


ブリザックの接地

他メーカーは、スタッドレスタイヤにこの発泡ゴムを採用していません。ゴムに特殊なオイルを混入するなどして、氷上性能を高めているのですが、それは発泡ゴムほどに高い氷上走行性能をもたらしてはくれません。

氷上性能が長持ち

この発泡ゴムの実力は、「長く乗った(新品でなくなった)」ときの性能にも有効に作用します。

以下に掲げるブリヂストンが行った「氷上摩擦指数」テストデータのグラフ(画像提供:株式会社ブリヂストン)を見ると、経年での性能維持能力も、発泡ゴムを採用したスタッドレスタイヤは優れていることがわかります。

《発泡ゴムの性能の経年変化》


発泡ゴムの性能

私たちロータスは、先進性とお客さま第一の精神を持った全国の自動車整備会社が集まる組織です。先にもお話ししましたように、このプロ集団が提携するタイヤメーカーは、ブリヂストンとヨコハマタイヤの2社です。

もう一つのタイヤメーカーであるヨコハマタイヤも、たとえば、雨の日の安全走行を支えるウェットグリップ性能の向上などに、独自の技術で取り組んでいます。

「いったいどのメーカーのタイヤが優れているのか」という最初の問いへの一つの回答として……私たちロータスは、自信を持ってブリヂストンとヨコハマタイヤの2社を挙げたいと思います。

お店紹介

宮本モータース:宮本武夫氏(宮本毅氏の祖父)が、1937年に新潟県魚沼市で創業した歴史あるロータス店。自動車の普及とともに発展し、二代目の宮本実氏(叔父)、三代目の宮本好治氏(父)に続き、現在は四代目の宮本毅氏が経営を担っている。社是は「私たちの仕事は、あなたさまの安心、快適なカーライフをお手伝いすることです」。地域密着を基本としながら、お客さまのカーライフ充実に向けた活動に積極的に取り組んでいる。

看板web

ショールームweb

住所:新潟県魚沼市堀之内103番地
電話:025-794-2508
HP:http://miyamoto-motors.jp

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 達人に訊く(67)スキンケアするみたいに、愛車の日常点検やってますか?

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(67)スキンケアするみたいに…

    今月の達人くるま生活・井上康一女性ドライバーの皆さん、今日もハッピー&ビューティフルなカーライフを送ってますか?第3回目は日常点検がテーマ。これ、自分でや…

    2020.05.26更新

  • 達人に訊く 《Special Interview》 左ハンドルの軽自動車、大好評です!(後編)

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く 《Special Inter…

    再登場の達人真鍋モータース・真鍋貴行日本では“スペシャルな1台”として売る◎これまで新車、中古車を左ハンドルに改造したクルマを10台ほど納車したそうですね…

    2017.06.15更新

  • 達人に訊く(10)ダッシュボードに物を置くと、助手席の彼女の命が危ない!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(10)ダッシュボードに物を置…

    今月の達人ユサワ自動車・湯澤孝典こんにちは、栃木県にあるロータス店『ユサワ自動車』の湯澤孝典です。今回は「ダッシュボードに物を置かないで」という内容です。一…

    2016.07.29更新

  • 達人に訊く(84)環境活動に取り組む“想い”をお客さまに伝えるコミュニケーション活動は不可欠です。

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(84)環境活動に取り組む“想…

    今月の達人沼津中央自動車・今野秀明[第5回]沼津中央自動車では、お客さまに自社の環境への取り組みについて頻繁に報告している。ポスター、ニュースレター、ホーム…

    2023.04.25更新

  • 達人に訊く(34)クルマの性能はタイヤで決まります!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(34)クルマの性能はタイヤで…

    今月の達人宮本モータース・宮本毅こんにちは。新潟県魚沼市にあるロータス店『宮本モータース』の宮本毅です。私が担当する今シリーズでは、縁の下のチカラ持ちならぬ…

    2018.04.13更新

  • 達人に訊く(26)EV&PHEVは電源としての魅力も大です!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(26)EV&PHEVは電源と…

    今月の達人ロータス東和オート・新城浩司「知っているようで知らないEVの魅力」パート2。今回は、EVとPHEVは電源としてもすごいというお話です。アウトドア…

    2017.08.29更新

< 前のページへ戻る