ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

とにかくその大きさにビックリ!さらに、大仏の胎内に入ってまたビックリ!世界最大のブロンズ(青銅)立像『牛久大仏(うしくだいぶつ)』

2018年6月12日更新

茨城県牛久市にある、浄土真宗東本願寺派の霊園『牛久浄苑』のエリア内に、全高120メートル(像高100メートル、台座20メートル)という、世界最大のブロンズ(青銅)立像『牛久大仏』(うしくだいぶつ、正式名称:牛久阿弥陀大佛)があります。

牛久大仏5
立像の高さでは、ミャンマーのレイチュン・セッチャー大仏(像高約116メートル)、中国の魯山大仏(像高約106メートル)に次いで世界で3番目ですが、ブロンズ立像としては「世界最大」であるとギネスにも登録されています。

牛久大仏4
大仏建立の構想が1983(昭和58)年に立ち上がり、1986(昭和61)年に工事が着工し、1992(平成4)年12月に完成しました。
建設は、中央に大仏全体の重量を支える鉄骨の主架構を組み上げ、それにあらかじめ地上で作っておいたブロックを組み合わせていく、というカーテンウォール工法で行われました。つまり、牛久大仏は高層ビルなどと同じ建築工法で造られているのです。

DCIM100MEDIA
そうした建築工法でできていることもあり、大仏の胎内空間は5層のフロアから成り、非日常的な空間・コーナーになっています。
1階は『光の世界』。胎内に入ると、まず煩悩を表す暗闇の世界となりますが、その先の扉が開かれると慈悲を表すひとすじの光が注ぎ、さらに光の空間が広がります。

一階「光の世界」

一階「光の世界」



一階「観想の間」

一階「観想の間」



2階は、法話が行なわれる『念仏の間』や、写経体験(別途料金200円から)ができる『知恩報徳の世界』などがあります。

二階 写経「知恩報徳の世界」

二階 写経「知恩報徳の世界」



3階は『蓮華蔵世界』。壁一面に約3,400体の胎内仏が配置され、金色に輝いています。毎日、朝夕には読経が響き渡る厳粛な空間となります。

三階「蓮華蔵世界」

三階「蓮華蔵世界」



4階は『霊鷲山の間』。仏舎利(釈尊のご遺骨)が安置されており、釈尊の生誕から入滅のパネルが展示されています。
5階にあたる部分が、『展望台』となっています。

五階「展望窓」

五階「展望窓」



このフロアは地上85メートルで、大仏の胸部に位置します。外から見たときにはスリットのように見える展望窓から東西南北が見渡せ、天候条件がよければスカイツリーや富士山も見えるとか。

牛久大仏12

牛久大仏13
牛久大仏はその外観の大きさで仏の偉大なる慈悲を示すだけでなく、大仏胎内での体験を通じて仏教の世界観を伝える施設となっているのです。

詳細情報

名称 牛久大仏
住所 茨城県牛久市久野町2083
電話番号 029-889-2931
開園時間 【3月~9月】平日:午前9時30分~午後5時、土日祝日:午前9時30分~午後5時30分【10月~2月】平日・土日祝日:午前9時30分~午後4時30分 ※受付終了時間は、閉園時間の30分前
閉園日 年中無休
料金 大仏胎内を含むすべてセットの拝観料金 大人(中学生以上):)800円、子供(4歳~小学生)400円 ※団体料金有り ※障がい者割引有り
アクセス 【車】常磐自動車道 つくばJCT から圏央道に入り阿見東ICで降りて一般道(竜ヶ崎方面)で約2キロ(約3分)。(あるいは圏央道 牛久阿見IC を降りて直進、2つめの交差点「小池」左折後、次の交差点を左折して道なり。突き当たりT字路を右折)【電車その他】JR常磐線 牛久駅 下車、タクシーで15分。あるいは、牛久駅からバス(牛久大仏・牛久浄苑行き、または、あみプレミアムアウトレット行き)に乗り、牛久大仏停留所下車(約20~30分)
駐車場 820台(無料)
ホームページ https://daibutu.net/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽ばなしを生み出した「茂林寺」

    ロータスな旅 > 関東

    タヌキがいっぱい!「ぶんぶく茶釜」のお伽…

    民間伝承をもとにしたお伽ばなし「ぶんぶく茶釜(分福茶釜)」。今日では、いろいろなストーリーが描かれていますが、基本は「貧しい男が罠にかかったタヌキを助けてあげた…

    2016.06.14更新

  • 明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエンターテイメントにアレンジ!面白くておいしい!『めんたいパーク大洗』

    ロータスな旅 > 関東

    明太子の老舗『かねふく』が工場見学をエン…

    ごはんはもちろんパスタなどにも使われ、すっかり日本の食卓に定着した辛子明太子(以下、明太子)。ただし、これほど普及したのは昭和の頃で、日本の伝統食とは一線を画し…

    2017.10.24更新

  • まるで地下神殿のような異次元空間が広がる!映画やドラマのロケ地としても知られる『大谷資料館』

    ロータスな旅 > 関東

    まるで地下神殿のような異次元空間が広がる…

    栃木県宇都宮市の地下に、異次元空間のような世界があることをご存知でしょうか?それが、大谷石(おおやいし)の地下採掘場跡を中心に開設されている『大谷資料館』です。…

    2016.07.15更新

  • いすみ鉄道『レストラン・キハ』

    ロータスな旅 > 関東

    いすみ鉄道『レストラン・キハ』

    いすみ鉄道株式会社は、千葉県夷隅郡大多喜町に本社を置き、大原~上総中野(26.8km)を連絡する『いすみ線』を運営しています。春には沿線が菜の花で彩られ(約15…

    2016.03.04更新

  • 茨城県五霞町産の野菜や果物、お米、銘柄豚ローズポークなどが集結。地産地消の飲食メニューは本格派ぞろい!『道の駅 ごか』

    ロータスな旅 > 関東

    茨城県五霞町産の野菜や果物、お米、銘柄豚…

    茨城県五霞町は四方を川に囲まれた町で、利根川沿いの遊歩道からは東に筑波山、西には遠く富士山を望むことができます。『道の駅 ごか』はその美しい緑に包まれた利根川沿…

    2017.05.15更新

  • はかりめ丼

    ロータスな旅 > 関東

    はかりめ丼

    はかりめ丼は、千葉県富津市内で水揚げされたアナゴを特製ダレで煮込んで、どんぶり飯に盛り付けたご当地グルメです(富津はアナゴの水揚げで有名です)。細長く体の側面に…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る