ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのことならなんでもガイド

達人に訊く(33)スマートカーの点検・整備もロータス店で!〔後編〕

2017年12月26日更新

今月の達人
こちや自動車工業・東風谷謙二

なんでも_達人_web

前編では、コンピュータ化されたクルマの整備はまずスキャンツールありきだと申し上げました。
では、お客さまから見て、付き合いのあるお店が「スキャンツールをもっているかどうか」、あるいはそこの整備士が「ちゃんとスキャンツールを使いこなしているかどうか」・・・そういったことを何から判断すればよいのでしょうか?

じつは、これを簡単に見分けるための目安がいくつかあります。それらを、当社の例をあげながら紹介していきたいと思います。

コンピュータ・システム診断認定店か否か

当社は、日本自動車整備振興会連合会の一員である福島県自動車整備振興会から「コンピュータ・システム診断認定店」という認定を受けています。

これは、スキャンツールによる自動車電子制御診断の講習と実技を受けて合格したお店にのみ与えられるもので、「スキャンツールあり」&「スキャンツールを使いこなせる技術あり」ということが公的に認められた証となっています。

ということで、私たちは、その認定書と看板を掲げて、お客さまに「コンピュータ化されたクルマであっても安心して入庫できるお店である」ことをアピールするようにしています。実際、お客さまにとっては、わかりやすい目安になっている印象があります。

コンピュータ・システム診断認定店

ハイブリッドEV取扱工場看板

こうした認定制度は、各都道府県の自動車整備振興会が独自に実施しています。もし、入庫前に少しでも不安があれば、そのお店にこうした類いの認定書や看板があるかないかを確かめてみてください。そして、あるとわかれば、どうか安心して愛車を入庫してください。きっと納得のいく結果が得られると思います。

国家一級整備士が在籍しているか否か

もうひとつの目安としては、そのお店に「国家一級整備士がいるか」ということです。国家一級整備士は、国家資格である自動車整備士の中で最上級の資格です。

入庫を検討するお店が、先に挙げた「コンピュータ・システム診断認定店」であることに加えて、「一級整備士がいる」ということになれば、どんな最新式のクルマの整備を任せても大丈夫といってよいでしょう。

どうしてかというと、いまの時代の一級整備士の資格取得のためには電子制御や電気回路などに関する高度な知識と技術をもっていることが必須条件となっていて、それはすなわちHVやPHEV、EVを点検・整備する条件と重なっているからです。

当社には、私を含め2名の一級整備士がいるのですが、それを大きなボードにしてお客さまにアピールしています。

国家一級整備士表示

さて、わたしの「なんでもガイド」はこれでフィニッシュですが、最後に、もう一つ付け加えておきたいと思います。

全国1600社2000店以上の自動車整備工場が加盟するローラスクラブ(正式名称:全日本ロータス同友会)では、組織として独自に「LOTAS次世代自動車取扱認定制度」を打ち出し、EVやHV・PHVなどの整備・点検にしっかり対応できる体制・お店づくりを推進しています。

ですから、すでに始まっているスマートカー隆盛の時代においても、「クルマのことならロータス!」と言っていただける準備は着々と整えられています。
スマートカーについても、ぜひロータスクラブに、おまかせください!

お店紹介

こちや自動車工業:東風谷吉信氏が1967年に創業した、福島県白河市にあるロータス店。元来、小型車から大型車までの整備・点検をおこなってきたが、現在はエンジン車だけではなくHV、PHV、PHEV、EVなどの整備・点検にも力を入れている。一級整備士でもある東風谷謙二専務は、全日本ロータス同友会が実施するサービスアドバイザー講座のトレーナーを務めるプロフェッショナルである。

店舗外観A_web店舗外観B_web

住所:福島県白河市萱根西の内53の2
電話:0248(22)1215

あわせて読みたい

< 前のページへ戻る