ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

こんにゃく製造ラインの見学のほか、こんにゃくバイキング(無料!)や手づくりこんにゃく体験が用意されている『こんにゃくパーク』

2017年6月27日更新

和食の具材として親しまれる『こんにゃく』。こんにゃく芋は、6世紀ごろ薬用として朝鮮半島を経て日本に伝わり、整腸効果の高い食材として広まり、鎌倉時代には精進料理などに用いられるようになりました。今日では、和食の伝統的な料理だけでなく、カロリーが低くて食物繊維が豊富なヘルシー食材としていろいろな料理に使われています。

このこんにゃくの材料であるこんにゃく芋の生産は、全国でも群馬県がダントツで、収穫量で9割のシェアを持っています。つまり、群馬県は“こんにゃくの故郷”というわけです。

そこで、ご紹介したい観光施設が『こんにゃくパーク』です。群馬県甘楽郡甘楽町に本社を置く食品加工会社、株式会社ヨコオデイリーフーズが開設・運営する、何とも珍しい「“こんにゃく”を楽しく体感する施設」です。元々は、『こんにゃく博物館』を2011年6月に開設、約3年で40万人を集客。そこで、さらに体験型のプログラムをもった『こんにゃくパーク』を2014年4月にオープンさせ、約約3年で180万人の集客に成功したのでした。

こんにゃくパーク2

さて、その『こんにゃくパーク』、どのような施設なのでしょうか?

『こんにゃくパーク』は、日本の多くの人にこんにゃくの文化とおいしさを伝える施設なので、お子様から若者・大人、お年寄りまで、どんな年代の人でも楽しめる施設になっています。

施設内は、こんにゃく・白滝工場ゾーン、ゼリー工場ゾーン、バイキング・おみやげゾーンの3つのゾーンがつながって出来ています。

こんにゃくパーク白滝工場見学

簡単な受付を済ませた後、順路にそって進むと、まずは『こんにゃく工場見学』ができます。こんにゃく芋・こんにゃく粉から、こんにゃく・白滝を製造するラインと、こんにゃくゼリーを製造するラインが稼働しているところを見ることができます。製造工程について映像でわかりやすく説明してくれますし、こんにゃくの歴史や雑学についてパネル展示がされています。

工場見学の後は、バイキング・おみやげゾーンに向かいます。

おみやげコーナーでは、工場で製造された多種多様なこんにゃく商品(こんにゃくパンやこんにゃくアイスなどまであります!)のほか、工場ならではの「切り落とし商品」などもあります。注目は、毎日行われている『こんにゃく詰め放題』です!「500円(税別)で、ビニール袋にたくさんのこんにゃくを詰め放題!」という企画です。これはもう「お得!」以外の何物でもありませんが、「やぶれたり、こぼれたりしたらアウト!」ですから、ご注意ください。

こんにゃくパーク1

もう一つのバイキングコーナーでは、さまざまなこんにゃく料理が、なんと「無料!」で食べられます。味噌田楽や玉こんにゃく、さしみこんにゃくなどスタンダードなものから、ラーメン風やマカロニ風、カレー味、から揚げ風など、こんにゃく料理がずらり!デザートのこんにゃくゼリーもあります。(提供されるこんにゃく料理のメニューは毎日変わります)

こんにゃくパーク4

こんにゃくパーク3

さらに、『手作りこんにゃく体験キッチン』では、こんにゃくづくりが手軽に楽しめ、自分で作ったこんにゃくはその場で食べることができます。『てづくりこんにゃく体験コース』は所要時間60分で、費用は大人(中学生以上)1,000円、子ども(小学生以上)500円です。完全予約制となっていますので、「手作りしてみたい!」という方は事前予約をお忘れなく!

こんにゃくパーク体験C_

群馬に行くなら『こんにゃくパーク』!あなたがまだ見ぬこんにゃくの世界が体験できます!

詳細情報

名称 こんにゃくパーク
住所 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
電話番号 0274-74-3131
開館時間 午前9時~午後6時(最終受付:午後5時) ※メンテナンスのために臨時休業する場合があります。
定休日 年末年始
アクセス 上信越自動車富岡ICから車で約10分、世界遺産『富岡製糸場』から車で約15分、『群馬サファリパーク』から車で約20分、JR新幹線高崎駅下車(東口)~車で約30分、上信電鉄上州福島駅下車~車で約10分、上信電鉄上州富岡駅下車~車で約15分 ※カーナビ設定は「群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1」
駐車場 40台
ホームページ http://konnyaku-park.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠点としていろいろ使える!しかも、超新鮮な地元の新鮮な魚介類を使った旅グルメも充実!『みなとオアシス“渚の駅”たてやま』

    ロータスな旅 > 関東

    房総半島の先端に位置する館山のドライブ拠…

    『みなとオアシス』とは、港湾にある旅客ターミナル・商業施設・広場・マリーナなどを活用して、住民の交流や観光集客を狙った拠点で、国土交通省港湾局が認可した施設です…

    2019.09.10更新

  • 房総半島ドライブのユニークな拠点。教室に泊ったり、昭和の給食が食べたりできる!廃校になった校舎を改装した『道の駅 保田小学校』

    ロータスな旅 > 関東

    房総半島ドライブのユニークな拠点。教室に…

    昨今、少子化が進んだことなどによって、全国各地で閉校となる小・中学校が増えています。なんだか寂しい状況ですが、一方で役目を終えた校舎を新たな方法で活用し、蘇らせ…

    2020.09.10更新

  • 「東京近郊にこんな牧場があったのか!」とビックリ!! 解放された牧草地に放牧される牛たちを見たり、牛舎で牛の乳絞り体験をしたり、アイス工房で濃厚なイタリアンジェラートを味わったりできる!『服部牧場』

    ロータスな旅 > 関東

    「東京近郊にこんな牧場があったのか!」と…

    「牧場のある場所」と聞いて、北海道や長野県を思い浮かべる人は多いでしょう。実際は、日本各地に牧場はあり、観光客向けの施設を持った牧場も数多く存在しています。神奈…

    2020.11.26更新

  • 茨城県五霞町産の野菜や果物、お米、銘柄豚ローズポークなどが集結。地産地消の飲食メニューは本格派ぞろい!『道の駅 ごか』

    ロータスな旅 > 関東

    茨城県五霞町産の野菜や果物、お米、銘柄豚…

    茨城県五霞町は四方を川に囲まれた町で、利根川沿いの遊歩道からは東に筑波山、西には遠く富士山を望むことができます。『道の駅ごか』はその美しい緑に包まれた利根川沿…

    2017.05.15更新

  • 芦ノ湖湖畔にて、ここにしかない優雅なティータイムを楽しむ。山のホテル別館 デザートレストラン『サロン・ド・テ ロザージュ』

    ロータスな旅 > 関東

    芦ノ湖湖畔にて、ここにしかない優雅なティ…

    箱根・芦ノ湖畔に佇む本格リゾートホテル『山のホテル』。1948年(昭和23年)の創業以来、落ち着きある客室や美しい庭園、極上の料理など、ワンランク上のおもてなし…

    2019.05.28更新

  • KITTE(キッテ)

    ロータスな旅 > 関東

    KITTE(キッテ)

    東京の表玄関、東京駅を丸の内側に抜けると、丸ビル、新丸ビルとともに丸の内の新しい顔なった「JPタワー」が目に飛び込んできます。旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る