ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

北海道伝統美術工芸村

2016年1月29日更新

旭川市内を一望する高台に建つ3つの館。それが、北海道伝統美術工芸村です。
一つは、旭川の染織作家・木内綾氏が創作した、優佳良織(ゆうからおり)を展示する「優佳良織工芸館」。北海道の美しい自然をテーマに、200~300色もの羊毛を用いて独自の工法で手作りされた織物は、海外でも高い評価を得ています。また、館内では「織り体験」(一般2,160円、 小~大学生1,620円/入館料込・要予約)も実施。興味のある方は、挑戦してみては。
もう一つは、国内外の衣装や織物が集まる「国際染織美術館」。数千点の所蔵品の中から毎年テーマを決めて、約200点を展示しています。
さらにもう一つ、「雪の美術館」は、冬の北海道を感じられる場所。雪の結晶をイメージして作られた館内は、美しく幻想的です。ひんやりとした空気の中、見事な「氷の回廊」や自然が生んだ芸術品、雪の結晶を一年中、楽しむことができます。
一館ずつ入館料が設定されていますが、お得な2館共通券・3館共通券も用意。個性的な3館の中で、あなたのお気に入りを見つけてください。




優佳良織工芸館

優佳良織工芸館



国際染織美術館

国際染織美術館



雪の美術館 音楽堂

雪の美術館 音楽堂


詳細情報

名称 北海道伝統美術工芸村
住所 北海道旭川市南が丘3丁目1-1(国道12号線沿い)
開館時間 9:00~17:00
休館 12月30日~1月4日
ホームページ http://www.yukaraori.com/
名称 優佳良織工芸館
電話 0166-62-8811
入館料 大人500円/高校・大学生300円/小・中学生250円
名称 国際染織美術館
電話 0166-61-6161
開館期間 4月~10月
入館料 大人600円/高校・大学生400円/小・中学生300円
名称 雪の美術館
電話 0166-73-7017
入館料 大人700円/高校・大学生500円/小・中学生400円
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • ニセコの新鮮野菜と山の幸が購入できる直売所が人気!『道の駅 ニセコビュープラザ』(北海道)

    ロータスな旅 > 北海道

    ニセコの新鮮野菜と山の幸が購入できる直売…

    『道の駅ニセコビュープラザ』は、フォートラベル社による「日本全国道の駅ランキングTOP20」(2014年)において、全国に1,000以上もある道の駅の中で、…

    2017.02.13更新

  • 北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地名」がドライブを楽しくする『北太平洋シーサイドライン』

    ロータスな旅 > 北海道

    北海道らしい絶景と、次々に現れる「難読地…

    十勝の広尾町と根室市の納沙布岬をつなぐ、全長300km以上におよぶ海岸線の道路『北太平洋シーサイドライン』は、日本百名道の一つとなっています。中でも、厚岸~霧多…

    2016.07.15更新

  • 『絵本』による地域づくりと連携しつつ、地産地消のレストランや焼きたてパンコーナーなどが評判!『道の駅 絵本の里けんぶち』

    ロータスな旅 > 北海道

    『絵本』による地域づくりと連携しつつ、地…

    北海道剣淵町は旭川市から国道40号線を北に向かって約50㎞のところにあります。人口約3,300人の農業を中心とした町ですが、1989年(平成元年)に世界各国から…

    2017.07.11更新

  • とかちむら

    ロータスな旅 > 北海道

    とかちむら

    帯広競馬場の敷地内にあるレジャー&グルメのスポットです。帯広競馬場では、世界唯一の「ばんえい競馬」を毎週末に開催。体重1トン以上の馬たちが重りを載せた鉄そりを引…

    2015.10.16更新

  • マルセイバターサンドなどで知られる『六花亭帯広本店』で、超バリューなケーキをイートインスペースで食べよう!

    ロータスな旅 > 北海道

    マルセイバターサンドなどで知られる『六花…

    北海道のお土産として定番となっているマルセイバターサンドなどのお菓子で知られる六花亭。何となくお土産を購入するショップのイメージだけで記憶してしまいがちですが、…

    2016.09.16更新

  • 旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道公園』のほか、手づくり豆腐や十割そば、『クマヤキ』が人気を呼ぶ『道の駅 あいおい』

    ロータスな旅 > 北海道

    旧国鉄時代の駅舎などを保存した『相生鉄道…

    北海道東部オホーツク圏の内陸部に位置する津別町(つべつちょう)。町名はアイヌ語の「トゥペッ」(=「山の出ばなを通っている川」)に由来しています。総面積約716㎢…

    2017.05.15更新

< 前のページへ戻る