ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北海道

北海道伝統美術工芸村

2016年1月29日更新

旭川市内を一望する高台に建つ3つの館。それが、北海道伝統美術工芸村です。
一つは、旭川の染織作家・木内綾氏が創作した、優佳良織(ゆうからおり)を展示する「優佳良織工芸館」。北海道の美しい自然をテーマに、200~300色もの羊毛を用いて独自の工法で手作りされた織物は、海外でも高い評価を得ています。また、館内では「織り体験」(一般2,160円、 小~大学生1,620円/入館料込・要予約)も実施。興味のある方は、挑戦してみては。
もう一つは、国内外の衣装や織物が集まる「国際染織美術館」。数千点の所蔵品の中から毎年テーマを決めて、約200点を展示しています。
さらにもう一つ、「雪の美術館」は、冬の北海道を感じられる場所。雪の結晶をイメージして作られた館内は、美しく幻想的です。ひんやりとした空気の中、見事な「氷の回廊」や自然が生んだ芸術品、雪の結晶を一年中、楽しむことができます。
一館ずつ入館料が設定されていますが、お得な2館共通券・3館共通券も用意。個性的な3館の中で、あなたのお気に入りを見つけてください。




優佳良織工芸館

優佳良織工芸館



国際染織美術館

国際染織美術館



雪の美術館 音楽堂

雪の美術館 音楽堂


詳細情報

名称 北海道伝統美術工芸村
住所 北海道旭川市南が丘3丁目1-1(国道12号線沿い)
開館時間 9:00~17:00
休館 12月30日~1月4日
ホームページ http://www.yukaraori.com/
名称 優佳良織工芸館
電話 0166-62-8811
入館料 大人500円/高校・大学生300円/小・中学生250円
名称 国際染織美術館
電話 0166-61-6161
開館期間 4月~10月
入館料 大人600円/高校・大学生400円/小・中学生300円
名称 雪の美術館
電話 0166-73-7017
入館料 大人700円/高校・大学生500円/小・中学生400円
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の大地と海の旨味を堪能できる『オホーツク北見塩やきそば』

    ロータスな旅 > 北海道

    玉ねぎ×ホタテの絶妙なハーモニー! 北の…

    日本の最果て、北海道オホーツク地方にある北見は食の宝庫。豊富な日照量と少ない降水量という恵まれた気候風土の中で太陽の恵みをいっぱいに浴びた北見のタマネギは日本一…

    2016.11.28更新

  • 風力発電がシンボルの苫前町なので、その名も「道の駅 風Wとままえ(ふわっととままえ)」

    ロータスな旅 > 北海道

    風力発電がシンボルの苫前町なので、その名…

    知らない人には読めないのでは?というオモシロ・ネーミングの道の駅です。地元の苫前町は風力発電がシンボルなので、「風W(Wは電力のワットより)=ふわっと」と命名さ…

    2016.05.13更新

  • 女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうルートに立地する、宿泊施設を備えた新しい道の駅。北海道グルメも味わえます!『道の駅 ノンキーランド ひがしもこと』

    ロータスな旅 > 北海道

    女満別空港から世界遺産『知床』へ向かうル…

    世界自然遺産、知床に向かう国道334号沿いに、2017(平成29)年9月にオープン。1階にレストランや売店、2階に宿泊施設が備えられています。ちなみに、ノンキー…

    2019.01.15更新

  • 旭川・美瑛に行くなら、ちょいと試してみたいB級テイクアウト食品、『ジュンドッグ』

    ロータスな旅 > 北海道

    旭川・美瑛に行くなら、ちょいと試してみた…

    旭川名物『ジュンドッグ』をご存じでしょうか?美瑛町の洋食レストラン『洋食や純平』が発祥とされ、旭川市民なら知らない人はいないとまで言われるテイクアウトのご当…

    2016.12.15更新

  • ハセガワストアのやきとり弁当

    ロータスな旅 > 北海道

    ハセガワストアのやきとり弁当

    一般的に「やきとり」は、その名のとおり、鶏肉を焼いたもの。しかし、函館をはじめとする北海道の道南地区では、豚肉を串に刺したものを「やきとり」と呼ぶ場合が多いの…

    2015.10.16更新

  • かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北見市に今も残る、レトロなハッカのメモリー『北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館』

    ロータスな旅 > 北海道

    かつて世界一のハッカ製造を誇った北海道北…

    スーッとする清涼感たっぷりで、食品や医薬品など、身近で幅広く活用されているハッカ。多くの人にとっては、英語の『ミント(mint)』の呼び方のほうが馴染みがあるか…

    2019.08.06更新

< 前のページへ戻る